湾岸クライシス シーズン1

横浜大洋ホエールズ復権を企む秘密結社ここにあり!

なるほど、そう来たか





横須賀に2万人近い
ファンの方々が詰めかけたという

今年のファンフェスティバル


23日に行われた
ハマスタレジェンドマッチも

どちらかといえば
ファン感謝デーのような意味合いもあり

我々ファンにとっては
何とも贅沢なオフとなっている




まあ、個人的には

選手と触れ合うとかいうのが
めちゃくちゃ苦手な性格ということで

今回のファンフェスは欠席


目の前で選手を見たりしたら
どーせ、何も話せんからね

緊張するの嫌だし
凄い混んでるし



選手達が女装したり
芸能人のコスプレだとか

正直なところ
その辺りは昔からまったく興味がない



それでも

ポンセと井納が
マリオになって出て来た時は

さすがに吹き出したけどね



ブワッハッハ





(ごらぁ!しっかり見てたんかいっ!)






さて、残された楽しみは

FAの動向に
契約更改くらいか


寂しいのお
暇やのお



…などと思っていたら




























































なんとなんと

早くも
12月7日より上映開始!



しかも今年は
我らが主筆の準地元とも言える

イオン幕張でも
上映されるということで






おら、もう





ワックワクすんどーっ!








で?

1月に発売される…ブルーレイ&DVD




選手副音声に
特製ブックレット

選手実着のユニフォーム生地が
プレートに埋め込まれた

特製フォトフレーム付き
特別仕様盤ブルーレイのお値段が


い、15,000円!?








お、おら




もう







イライラすんどっ!












湾岸クライシス応援バナー↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
ベイスターズメニューへ移動


夢のお裾分け






ハマスタ竣工40周年

日本一のスタジアムを彩った
鈍く光り輝くレジェンド達の集結



嗚呼…

なんという
心地よい空間であったのだろうか








































冷静に考えてみると
屋鋪、高木豊の1、2番とか

今でも通用する
どこに出しても恥ずかしくない

三拍子揃ったスーパーカー


ポンセ、パチョレックを始めとする
外国人選手は優良だったし

絶対エースの大遠藤に

これまた絶対的クローザー
斉藤明雄がいた


…にもかかわらず、


何故にこのチームが勝てなかったのか
優勝争いすら出来なかったのか



いや、
やめておこう

それを言い出したら
本が一冊書けてしまう


これから仕事に向かわねばならない
満員の総武快速の中なのである




このハマスタレジェンドマッチでは

今でもハマ☆ベイと繋がりのある
進藤や川村、鈴木尚典らに


OBとして付かず離れず

厳しくも温かい目で後輩達を
見守ってくれている

現在も解説を務める大御所の面々


どの辺りまでを大御所と呼ぶか
異論はあるかも知らんが

声をかければ
気持ちよくユニフォームを着てくれる
そんな立場の方々と




退団をした経緯から

長年に渡って
ハマ☆ベイとの距離感が掴めなかった

いや、もっとストレートに言えば
この球団に対して

恨み節のひとつやふたつ
持ち続けているはず


そんなOBの筆頭とも思えた

あの佐伯が大活躍


選手の紹介では
ひと際大きな歓声があがり

マスコットとの絡みだの
永遠番長を揶揄ったりだの

そこに見たのは
昔と何ら変わらない

関西訛りの佐伯ワールド



MVPを獲得したお立ち台で
昔とひとつ違う部分


そう

あのお約束


タオル掲げて
声高らかに







アイ・ラブ・ヨコハマ!!!





と、叫んでくれた


その光景に



涙で応えたのは

我らが主筆、
唯一人だけではあるまい






FAで飛び出して
ドリャゴンズの監督まで務めた谷繁に

大量解雇の悲劇により
このチームを去り

引退後は野球界との関係を
絶ってしまっていたような印象のある

屋鋪要の惚れ惚れする
ユニフォーム姿



ファンの皆さんは
万雷の拍手と大声援で迎え

どのレジェンドも実に楽しそうに
このプレミアムな1日を

楽しんでくれた






























































ファンのリスペクトに

レジェンド達の誇り
そして横浜愛


ボタンのかけ違いとか
あったのかも知れないが

お互いに探していたものは
ひとつだけ


それは、






"きっかけ"



という名の
ささやかな魔法





その誰もが心の奥底で
待ち続けていた"きっかけ"を

聖地ハマスタが与えてくれたのだと



竣工40周年
来年から新たに生まれ変わる
母なるハマスタが

千載一遇のチャンスを
僕らとレジェンドの方々に

与えてくれたのだと



自分はそう思うのである







前夜からずっと降り続いていた雨が
試合開始直前にあがり

まるで映画でも観ているかのような
金色に輝く眩い光が


レジェンドの立つグランドに
ファンで埋まったスタンドに

スローモーションのように
優しく降り注いできた




なんとも粋な演出ではないか













湾岸クライシス応援バナー↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
ベイスターズメニューへ移動

ハマスタレジェンドマッチに震えが止まらない





楽しみで仕方ない
ハマスタレジェンドマッチ



しかしながら
その出場予定選手を眺めていて

若干のクエスチョンが浮かぶのである


歓喜の98年メンバーで構成される
"チーム1998"では

内野手が進藤1人だけ…


勿論、石井琢朗は
まだカープとの契約期間が残っており
出場出来ないのは仕方ないところ

分からないのは
駒田に

来期から二軍監督を務める
万永の名前がないところ



あとは…



えーと、あとは























この日のために
ポンセを呼んでくれるのなら

あの男を呼ばないはずはないやろ


1998年の
あの歓喜の瞬間は

アノ男を抜きにしては語れない


もう一度あの
右中間を深々と破る

美しいまでのラインドライブを
是非ともこの目で見てみたい


ファンの心を鷲掴みにして離さない
有能なDeNA殿のこと

きっとビックリするような
サプライズを用意してくれている



そう信じて

明日は遠路、
ハマスタへと向かうことにしよう






チケットは分殺

早々に売切となった
このレジェンドマッチ


再び交わる事のない可能性もあった
谷繁、佐伯が帰還する

大量解雇事件により
功労者ながら不義理をしてしまった
屋鋪に高木豊

ハマスタで送り出せなかった
多村しゃん…

松原さんや、山下の大ちゃんにしても



退団経緯は人それぞれ


怒り
悲しみ
呆れ
希望


いろいろな感情を抱え
別れていったレジェンド達と



超満員に膨れ上がった
横浜スタジアムで

もう一度、
巡り合う機会を与えてくれたこと



ただひと言

「感謝」

という言葉しか思い浮かばない







明日は若い方ばかりでなく

たくさんの年配の方が
スタンドに来られているといいな







それと…





自由席なんだから


余分な席の確保だけは…
やったらアカンよ






頼むぜ、皆の衆!











湾岸クライシス応援バナー↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
ベイスターズメニューへ移動

1回くらいだったら良いかなという軽い気持ちで





暇よのお…





暇だよな?





個人的な趣味嗜好、
性癖を赤裸々に語るのは憚られるが


実は…



侍なんちゃらだの
アジアシリーズだの

全くと言っていいほどに



興味がない(笑)





ハマ☆ベイの選手が活躍してくれれば
まあ、嬉しいとは思うものの

怪我すんなよ
とか

無理させんじゃねーぞ
このタコ


などと

余計なことを考えてしまうだけに
よっぽど暇でもなければ

まず積極的に視聴することはない



まあ、暇なんで

仕方なく観るんだが






っつーことで、

自分と同じように暇を持て余している
紳士淑女の皆様に贈る

この時期ならではの
退屈しのぎ




チキチキ☆
ドラフトその他で入団した
(する予定の)

新しい仲間の背番号を予想したるで〜!





どんどんどんどん

パフ〜パフ〜






ど〜も〜

司会を務めさせて頂きます
田代まさピー…でございますよ〜



え?
手が震えてる?



気のせいですからね〜
お婆ちゃん




それでは最初に
新入団(予定)の選手達をご紹介致します


ドラフト指名

1位   東      左投 投手
2位   神里  左打 外野手
3位   阪口  右投 投手
4位   齋藤  右投 投手
5位   櫻井  左投 投手
6位   寺田  右投 投手
7位   宮本  左打 内野手
8位   楠本  左打 外野手
9位   山本  右打 捕手


新外国人

バリオス  右投 投手
ソト         右打 内野手


自由契約・トライアウト組

武藤  右投 投手
中川  右打 内野手


フリーエージェント

野◯  右投 投手
◯和  両打 内野手







…なにか
問題ありますかね?



え?
先走るとファンの方に怒られる?


もう、慣れてますよ

耳にタコが出来るくらい
怒られてますからね







































ゴホン



ハイ、それでは続けますよー


これに対して
現在の主な空き番号を調べてみると

0、8、9
11、12、13
24、27
37、41、42、49、50、54、58
61、69

この辺りまででしょうか



ポイントはエース格の投手が背負う
遠藤の"24"と平松の"27"

レギュラークラスの野手が背負う
一桁番号の"8"と"9"

ここが運良く
空き番号になっているあたり

今年の選手達は本当にラッキーです




まずはドライチの東
左腕のエース候補となれば

この"24"か"27"…


個人的なイメージでいけば
"27"でしょうかね


剛球とノーコンで一世を風靡した
レジェンド左腕

田辺学が背負っていたエースナンバー
是非とも継承して頂きたい


そうなると"24"は…

FA入団の◯上に託しますか




ムッフッフッフ





お次はドラフト2位
左打好打者タイプの神里の背番号


一桁の良番
0、8、9は空いているものの

あまり安易に
新人野手に一桁は与えないような

そんな空気を察っしてますんで



え?
敏感?


勿論ですよ

空気と尿検査には
敏感に反応しますから




クックックッ





で、
神里ですけど

投手の番号として
鳴かず飛ばずが続いている

"13"を野手の番号にしてみては
如何でしょうか?


田代、佐伯が着けた
スラッガーの定番"26"を

昨年、濱口に与えたことを考えれば
有り得ない話じゃないでしょ


違いますか?
奥さん




続いて、

3位の阪口は"11"
4位の齋藤は"12"

ここはかなり自信ありますよ




おっと、もう
お薬飲む時間なんで


ここからは
背番号のイメージと選手の特徴を元に

ビッシビシ
決めていきますよー



まずは"41"

今年まで背負った
大原のイメージがそのまま

細身の左腕でどこかニヒルな
ガッチャマンで言えば荒鷲のジョー

往年の宮内洋が
左腕で投げている感じでしょうか


このイメージで考えると

必殺のスライダーで
清宮をキリキリ舞いさせた

5位の左腕櫻井がしっくりと来ますね



"37"は前任の桑原のイメージで
ドラフト7位の宮本あたり


"50"はこちらも前任の下園のイメージで
左打の好打者・楠本…

とも考えたけど

なんとなく"50"は
長距離砲もいう感じもあって

新外国人のソトが"50"
左打の楠本は"49"でどうでしょう?



勝手なイメージで

右投もしくは右打は偶数
逆に左は奇数

こう当てはめるのが
しっくりと来るんですよね



え?

妄想?
禁断症状!?



勘弁してくださいよ
今は真っ当に生活してはんですから






…多分ね



ムッフッフッフ





で、残り…

南米系選手ご用達の"42"は
バリオス



個人的に大好きな番号"54"は 

前任の小杉に
往年のレジェンド大門という

すらっとしたモデル体型の右腕

いかにも投手らしく
どこか頼りない感じが漂う

そんな由緒正しい
伝統の番号



因みに、

元ドリャゴンズの武藤は
178cm85km

ドラフト6位の寺田は
175cm73kmでしかもサイドスロー…

二人とも
イメージじゃないんですけど


武藤に"54"
寺田は"58"

 
ドラフト9位の山本は"61"


武藤と同じく新加入の中川は
スラッガーの大先輩

中村紀の"99"がおすすめ



育成の中川はもちろん3桁
空いているのは107あたりですか?

あんまり数が増えると
最近は数えられないんですわ…




へ?

勿論、
嘘ですよ

笑うとこですからね
ここ、笑うとこですよ







さて、


これにて
全ての新加入(予定)選手の背番号が…



ん?
へ?

1人足りない?


肝心なアノ人の…ゼロ!?




いやいやいや
確かにゼロのイメージですけど

ここは少しだけ雰囲気を変えて



"8"でどうですかね?


なんとなく
こっちの方がピンと来るんですけど




まあ、
この背番号ネタも

毎年この時期
年に1回だけですからね…











































いや、アカンよ(笑)









本日も無事、
1日を終えることが出来ました


ありがとうございます













湾岸クライシス応援バナー↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
ベイスターズメニューへ移動

いやん、チバニアン





今永…凄ぇな


格下とも言える台湾相手ながら
6回を投げて12奪三振

見るからにウェイトの乗った
威力抜群のストレートに

鋭く落ちるチェンジアップ



その堂々たる投球は

ハマ☆ベイのエースどころか
最早、日本のエース


CS、そして日本シリーズと

投げる毎に成長する
まさにモンスター



いったい何を掴んだのか
何を学んだのか


多くの日本国民が注目した
日本シリーズの大舞台

夢のステージは
この才能ある若者を

神の領域まで
引き上げてしまったのだろうか…




恐ろしい


何とも
恐ろしい話ではないか








さて、

本日のお題は
もうひとつの恐ろしい話


是非ともこの数字を御覧いただきたい







三上 3勝3敗 防御率 5.12
砂田 1勝2敗 防御率 4.12
須田 0勝2敗 防御率 8.10
田中 1勝3敗 防御率 4.47



目を背けてはいけない

我らがハマ☆ベイが誇る
中継ぎ陣の2017年度の成績なのである


クローザーのヤスアキに繋ぐ
大事なライフライン

まともに機能したのは
パットンと途中入団のエスコバー

この2人しかいなかったという

隠しようのない事実
不都合な真実





ポストシーズンの土壇場において
井納、今永、濱口らを中継ぎで起用

名将とも讃えられた
ラミレス采配であったが

裏を返せば信頼のない
この台所事情が根底にあったということ


ある意味、

大和以上に深刻な
補強ポイントであると断言出来よう




全くの私見ながら
中継ぎで酷使された投手の場合

一度劣化してしまうと
そこから復活するというのは

かなりの難産
厳しい厳しい復活の道


特に年齢的にも
ダウンヒルに差し掛かる

須田あたり


愛着のある選手だけに
不安なんだよな…







現在、FAでの補強リストとして
西武・野上の名前が挙がっているが

昨年二桁勝った投手に向かって

中継ぎで期待してるとか…


いくらシゲルちゃんと言えども
口に出すのは躊躇うレベル


いや、もしかしたら
ハッキリ言うかも知らんけどね






ブワッハッハ












湾岸クライシス応援バナー↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
ベイスターズメニューへ移動

スポンサードリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
ブログ村野球ランキング
ブログ村ランキングバナー
ブログ村ベイスターズページへ


にほんブログ村

最新コメント
Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
#横浜大洋ホエールズ 復興を誓う闇の秘密結社 #湾岸クライシス へようこそ!屈折した #ベイスターズ 愛渦巻く桃源郷へ誘いたし
ぬまつだちゃん on twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: