7月29日(火)
巨人 1対10000 大洋
87試合 39勝46敗2分

7月も勝ち越しが決定!
そして、遂にこの時がやって来た!


にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村






本日は試合開始直後より

日テレ系CS局G+(ジータス)にて
じっくりと試合を観戦

日テレと言えば

いにしえの中継では
反吐の出るようなアナウンス陣に

解説はカネやん…
土井正三だの堀内だの


それこそ
東京音頭の音楽に合わせ

くたばれ読売を
心の底から叫びたくなるような
極悪非道…

厚顔無恥な偏重中継





あの時代から…

時は流れ
地上波の中継は死滅

細々とCSで放送されている
ジーヤンツ戦は


どこかしら
さみし気でローカル臭の漂う

マイナー空間



そんな中継で解説を務めたのが
元タイガースの赤星氏

これがどうして
じっくり耳を傾けてみると

実に感じが良く
それでいて視線は的確



先発の久保を評して曰く

『センターのポジションから見ていて、左打者のインサイドを狙った球がシュート回転して中に入らない時は好調』


序盤にKOされた澤村を評して曰く

『ストライクが先行し、悪くはなかった。横浜打線が追い込んでからの際どい球を振ってくれなかった』


左中間への一見イージーにも見える
打球を好捕した筒香を評して曰く

『あれはファインプレー。最短距離で打球に追いついた。少しでも膨らんで追っていたら抜かれていた』




このところ
重度のニコ生中毒に侵された

我らが主筆

イッシーだのギョニキだの
看板のアナウンサーに癒され

皆様に負けじと
嬉々としてコメントを送る
すさんだ日々


しかしながら
こうしてじっくりと

アナウンサーと解説者の
伝統的なスタイルによる掛け合いも

それはそれで
アリなんだなと


特にこの日の中継は

解説の赤星氏の極力公平かつ
経験に裏打ちされた確かな眼力

それが実に爽やか気持ち良さを
演出していたように思う



むしろ最近は日テレより

広島だの名古屋だの
地方局制作の野球中継において

不快な気分にさせるような
提灯解説に身贔屓な絶叫アナウンサー

そんな中継を観る機会が
多い気がするのは

自分だけか?


まあ、
どうでもいいことか








本日の勝利をもって
苦手にしていたジーヤンツには

なんと
今期4勝5敗

しかも4勝のうち
3勝を久保が稼いでいるという
キラーっぷり!


なかなか破れなかった
借金8の壁を破り

借金は7
3位カープとは6ゲーム差



そして
首位ジーヤンツとは…

首位ジーヤンツとは


僅か?

9ゲーム差に接近!!!



え?
そら欲張り杉内だと?







コラァ!
アホちんがぁ!
(金八、いや三又風)

o(`ω´ )ノノノ







大きな目標を目指さんと
手前の目標にも届かんのよ!

そんな妄想が
現実とも思える

そんな時がやって来たんよ!



赤星氏曰く

「横浜はここに来て、野手の調子が一斉に上向いて来ました」



そう!

遂に待ちに待った
この時がやって来たんですよ!



あれだけ打ちまくった
昨年だって

4~6月のチーム打率は
毎月.250程度

それが
夏場の7月、8月に至ると

打ちまくりの
打たれまくり

連日連夜のお祭りゲームに
グダグダの大乱打戦


9月に入り失速したものの
終わってみれば総得点においては

強打のジーヤンツと肩を並べる
凄まじさ



そして

今年もここに来て
赤星氏が言うまでもなく

現時点では
山崎を除く全ての野手が

好調期に突入!!!


昨年の夏場に匹敵するような
猛打がここに

見事に復活!!!




でも

違うわ
違うんよ

昨年とは大きく異なることが
ひとつだけ



え?
モーガン?



いやいや


今年のハマ☆ベイは

投手陣の安定感が違うんよ!



先発投手のコマが揃い
リリーフ陣も充実

昨年までのような
取れば取るだけ取られるような

そんなザル投手陣とは

まったくもって
ワケが違うんよ!



ここはポジらねばなるまい?
叫ばねばなるまい?



CSとか言わんと
もっと上を目指しちまえーっ!





にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村